男性女性

過払い金請求で戻ってくる!弁護士に相談する重要性について

最新記事一覧

税理士も目指せる

男性

経理の仕事に就きたい人は、簿記などの資格を取得しておきましょう。そのためには商業科などの専門科に進んでおくと楽です。また、さらに極めるためには税理士を目指してみるのもいいかもしれません。総務などの事務職にも就きやすくなっています。

読んでみよう

団体の運営は社労士に相談

男性

NPO団体の活動資金獲得手段は、会費、寄付金、事業収益、助成金・補助金などがありますが、設立間もない団体は会費や寄付金で活動費を獲得することは困難です。そこで、助成金があります。申請し審査に通過すれば獲得できますが、手続きが難しい場合は社労士に代行してもらうことができます。

読んでみよう

支払いすぎた利息の返還

弁護士バッジ

どうやったら取り戻せるか

過去に消費者金融等の貸金業者から、法律で定められている金利よりも高い金利でお金を借り、5年以上返済を続けていた方は、必要以上に利息を払っている可能性があり、そのお金は取り戻すことができます。このお金を返してもらう手続きを過払い金請求や不当利息返還請求といいます。請求をするためには、いくら過払い金が発生をしているかを計算しなければならないです。当時の契約書や明細書も無いという場合でも取引していた貸金業者に連絡すれば取引履歴を取り寄せることができます。しかし、取り寄せるのやいくら払いすぎたのかを計算する、取引に空白期間があるとどう計算していいのかわからない、書類の書き方など素人には難しい部分もあります。それであれば、弁護士に依頼することで手続きを代行してもらうことができます。

家族に内緒で手続きしたい

貸金業者に対して過払い金請求をしたいと考えている方の中には、家族に内緒で手続きをしたいという人も多いです。過払い金の返還請求をすることは、過去に借金をしていたということになりますので、それぞれ事情があります。家族に知られてしまう理由のひとつとしては、郵送物です。貸金業者から取引履歴が郵送されてきたり、裁判所からも書類が届くことがあります。それが問題なので、内緒で手続きをするには弁護士事務所にお願いすることです。弁護士に依頼した場合には、本人の代理人として交渉窓口になってくれますので、書類や連絡などをすべて弁護士が対応してくれます。最初に打ち合わせをするだけですので、家族に内緒で手続きをすることができます。

起業をお考えの方へ

男の人

起業や独立を検討する場合、その分野で一定の実務経験があっても、関係する役所への諸手続きや資金調達、会計業務などに不安を抱えるケースが一般的であるといえます。名古屋で起業や独立を検討されているのであれば、起業支援の実績が豊富な税理士などの専門家に一度相談してみるのがよいといえます。

読んでみよう