団体の運営は社労士に相談|過払い金請求で戻ってくる!弁護士に相談する重要性について
ウーマン

過払い金請求で戻ってくる!弁護士に相談する重要性について

団体の運営は社労士に相談

男性

経済基盤の確立のために

人材育成や子供のため地域の活性化等を目的にNPO団体または民間の任意団体を立ち上げたのなら、活動をするためには、まず活動資金が必要となります。NPO団体の主な収入源は、立ち上げ当初は構成員の資金持ち出しがほとんどですが、それ以降は賛同者からの寄付金、助成金や補助金、会費、事業による収益などが主な収入源となります。しかし、立ち上げ当初は知名度もありませんので会費や寄付金などに頼ることができないです。そのために助成金があります。申請をして審査に通過すれば獲得できるお金です。まとまったお金が入ってきますが、期間や使用目的が制限されているお金であり、毎回助成金に頼るのではなく、会費や寄付などで運営できるように経済基盤を固めていくことが必要です。

代行してもらう

団体を運営していくためには、助成金を獲得することはひとつの手段ですが、申請書に書き方が分からない、まだまだ少人数の団体で仕事をしながら活動しているので申請書を書く時間がない、という場いいがあります。そういった場合には、社会保険労務士事務所によっては助成金の申請を代行してくれるところがあります。そこに依頼をすることで、申請手続きをすることができます。団体のメンバーで話し合って社労士事務所に依頼するとなった場合、どこの事務所に依頼するかとなります。料金も異なるので比較することは重要ですが、申請して助成金獲得に至らなかった場合の料金はどうなるのか、なども確認してから助成金申請代行してくれる事務所を探すとよいです。